おばんざい鉢屋 渋谷神宮前店

前回記事に引き続き、2週連続で渋谷で同じ友人と飲みに行ったんですが、美味しい魚介を頂けたので、今回も記事にしてしまいます。

おばんざい鉢屋 渋谷神宮前店」というチェーンのお店です。

おばんざい鉢屋 外観

GEMS JINGUMAE というビルの8Fにあります。

このビルは居酒屋が多く入っているようです。

この日のメニューはこんな感じ。

飲み物は別メニューですが、日本酒も焼酎も豊富に取り揃えられています。

やっぱり魚介のお店ならそうじゃないとね。

最初はサラダから。江の島しらすのチョレギサラダ。

おばんざい鉢屋 江の島しらすのチョレギサラダ

1つしか注文していないんですが、2人分の取り皿にあらかじめ分けて持ってきてくれました。こういう気遣いはとっても好印象。

味も申し分ないです。しらすの味が濃くて、チョレギドレッシングとの相性も良く、バクバク食べれちゃいます。

分量も多めなので、なかなかの満足感を得られます。

お次はおばんざい5種。メニューにも内容は書かれていますが、店内のカウンター席の前に、本日のおばんざいたちが大皿で並べられていてそこから自由に5種類を選択できます。実物を見て注文することができるのがいいですね。

1種目。玉ねぎのロースト。 めーっちゃ甘い!トロトロと溶けながら甘みが口いっぱいに広がります。

おばんざい鉢屋 玉ねぎロースト

2種目。うずら玉子の煮玉子。大根おろしがたっぷり乗っていて、思ったよりさっぱりできました。

おばんざい鉢屋 うずら玉子の煮玉子

3種目。ながらみの塩ゆで。ザ・巻貝 という感じ。シンプルに美味しい。

おばんざい鉢屋 ながらみ塩ゆで

4種目。美食ポテトサラダ。名前からは想像できなかったんですが、トロトロの卵がたっぷり使われていて、上にはカレーフレークが乗っているというオシャレ系。とても美味しい。

おばんざい鉢屋 美食ポテトサラダ

5種目。黒豚メンチカツ。これだけはカウンターに並べられておらず、しっかり揚げたてを提供してくれます。メンチカツが好物なんですが、これはジューシーで満足いくお味。

おばんざい鉢屋 黒豚メンチカツ

そしてここにきて主役とも呼ぶべきお造りが到着。

おばんざい鉢屋 お造り

カンパチ・真鯛・時知らず・鱧・タコ・ミンククジラ という、なかなか他のお店では見られないラインナップです。その日に手に入った一番いいものを出してくれているんでしょうか。

特に時知らずがあるのが素晴らしいですね。産卵前の雌の鮭で、とにかく脂がノリノリです。口に入れた途端にとろけます。初夏が旬のはずですが、この時期でもとっても美味しいですね。

カンパチと真鯛はしっかりと身が引き締まっていて、噛むと旨味がジュワァ~です。いい白身魚は本当に美味い。

こういった盛合せで鱧やクジラが出てくるなんて初めての経験だったんですが、こちらも最高。鱧は湯引きされていて歯応えも完璧。ミンククジラはにんにくの醤油漬けがたっぷりと乗せられていて、柔らかい和牛の赤身を生で食べているよう。

正直ちょっといいお値段はしますが、その価値は十二分にありました。こりゃあ美味い。

ここから更に色々と注文。豚足のおろしポン酢掛け。

おばんざい鉢屋 豚足おろしポン酢掛け

トロットロの豚足におろしポン酢のサッパリさが相まって、ああいいわぁ~という感じ。

あまり豚足におろしポン酢をかけるイメージはなかったんですが、バツグンの相性ですね。豚足にはおろしポン酢しかもう浮かばなくなりました。

こちらも珍しいなと思ったので注文。トウモロコシの唐揚げ。

おばんざい鉢屋 トウモロコシ唐揚げ

唐揚げというより素揚げですね。タレに漬けたトウモロコシをそのまま揚げた感じでしょうか。

しょっぱいタレとトウモロコシの甘さのバランスが絶妙です。バターも塗られているんだと思いますが、香りもとてもいいです。

芯も食べれたりしないかなーとかぶりついてみましたが、ダメでした……下手な冒険はやめましょう。

これも初めて見たので注文。鰻の串揚げ。

おばんざい鉢屋 鰻の串揚げ

鰻が1本580円なら安いのでは……と思って1本だけ注文。

正直、これはちょっと微妙でした。鰻自体の脂の乗りがいいので、更に揚げてしまうと脂っぽくなりすぎます。

串焼きもメニューにあったので、そっちにすればよかった……

気を取り直してお次。鱧のガーリックバター焼き。

おばんざい鉢屋 鱧のガーリックバター焼き

こちらの鱧は竜田揚げにされています。

これは美味い。かなり美味い。鰻の直後だったのでまだ口の中に脂っぽさが残っていましたが、それを吹き飛ばすわけではなく、シンプルに美味さで上書きしてくれます。

鱧はお造りの湯引きと違ってとても柔らかく、口の中でほろほろと崩れたところにガーリックバターの風味が絡まり、こりゃええわぁ。

たくさん食べちゃいましたが、ラストの〆も食べます。土鍋炊き込みご飯。

おばんざい鉢屋 土鍋炊き込みご飯 時知らず

炊き込みご飯の具は、江の島しらす・鯛・鱧・さんまとキノコ・時知らず・国産うなぎの6種類から選べるんですが、ここはお造りで一番美味しかった時知らずを選択。鯛でもよかったんですが、2か月後に愛媛に旅行に行って鯛めしを食べる予定なので、その時の楽しみにとっておこうかと。

結果、この選択は大正解&大正義でした。もうめちゃくちゃ美味い。こんなに美味い炊き込みご飯があっていいのか。あってくれてありがとう。幸せ。

時知らずってなんでこんなに美味しいんでしょう。通常の鮭とは段違いの脂の量と質です。炊き込みご飯の出汁の旨味も時知らずの美味しさを更に引き立てます。

お腹いっぱいだったのに、ご飯1粒残さずペロリです。ダイエット中なのに、糖質とかどうでもよくなっちゃいました。最高です。

料理によって多少の当たりはずれはありましたが、基本的に魚介の質とお造りのセンスはかなり高いと感じました。じっくりと海鮮を味わいたい時にいいお店ですね。

今回はゆっくり飲みたかったのでお酒は個別注文しましたが、日本酒を自分で注げるセルフ飲み放題というのもあるそうなので、ガッツリ飲む時にも使えそうなお店です。

職場が近いので、今度は職場の人たちと再訪してみたいなと思いました。お気に入りの店になりそうな気配。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください