札幌 なごやか亭

RISING SUN ROCK FESTIVALでのNumber Girlの復活ライブを観に行くためだけに、8/15~17の2泊3日で北海道に行ったんですが、札幌のホテルに到着した直後、台風によりまさかの開催中止が発表されました……2日目は開催されたそうですが、自分は目当てがNumber Girl一本だったため1日目のチケットしか持っておらず、何のために北海道に来たんだと絶望……

この悔しさを少しでも晴らすためには、北海道の美味しいものを食べまくるしかない!!!

というわけで、刺身・焼き魚・カニ・ラーメン・スープカレー・ジンギスカン・海鮮丼などをヤケ食いしまくったのですが、最後に訪問した回転寿司のお店がとても美味しかったので、そのレビューをします。

北海道内でローカルチェーンとして展開されている、なごやか亭さんです。

札幌 なごやか亭 外観

東西線に乗っていて、このお店を経由して新千歳空港に直行する予定だったため、一番アクセスのいい栄通20丁目店にお邪魔してきました。

地元の方々も認める、北海道屈指の人気を誇る回転寿司チェーンとのこと。

ほとんどの店舗は北海道内、それも札幌市内に半分以上の店舗が集中しているのですが、後で調べたところ、何故か滋賀県にも2店舗だけあるようです。

まずは、この日のオススメとしてメニューに載っていた、「花咲ガニのてんこ盛り軍艦(430円)」「塩〆メバチマグロ(280円)」「昆布〆アブラガレイ(280円)」を1皿ずつ注文。

札幌 なごやか亭 花咲ガニのてんこ盛り軍艦
札幌 なごやか亭 塩〆メバチマグロ
札幌 なごやか亭 昆布〆アブラガレイ

花咲ガニはとっても旨味が強くて美味い!

ちょっと歯応えがあるので、噛めば噛むほど旨味が染み出てきます。

そんなカニがこれでもかと盛られているので、口の中が旨味の洪水で溺れてしまいそう……

メバチマグロは赤身なのに、口に入れるとトロけてしまいます。

臭みも全くなく、薄い塩味が完璧なアクセントを付けてくれています。素晴らしく美味しい。

アブラガレイは初めて食べましたが、これだけ脂身がしっかりしている白身魚は珍しいですね。

こちらも昆布の香りがちょうどいいアクセントになって、脂を適度に引き締めてくれています。こちらもクセになる美味しさ。

お次は3点盛シリーズ。まずは新メニューらしい北海3点盛(430円)。

札幌 なごやか亭 北海3点盛

ズワイガニ・生サーモン・紅鮭すじこ握りの3貫です。

ズワイガニは、花咲ガニと比べると旨味は少し落ちるものの、滑らかな食感で美味しい。

生サーモンはかなり大ぶりで、脂も乗ってとても美味い!かなり上質。

すじこも新鮮なので、ちょっと噛んだだけで旨味がじゅわじゅわじゅわって感じです。幸せになれます。

お次も3点盛。えびづくし(560円)。

札幌 なごやか亭 えびづくし

こちらは、ボタンエビ・大エビ・甘エビの3貫です。

ボタンエビはもともと好物なんですが、さすがの美味しさ。適度な甘さが口いっぱいに広がって、とっても幸せになれます。

大エビは、ボイルエビに使われているエビの一回り大きいものが生で出てきた、といった印象。甘味よりも旨味が強めです。

甘エビは通常サイズ。安心できるシンプルな甘さと美味しさです。

お次はこのお店の名物の1つ、こぼれいくら(590円)。

札幌 なごやか亭 こぼれいくら

いやいや、こぼれすぎでしょーっ!!

一口でこんなにイクラを頬張ったことは今までありません。口の中がパニック状態。美味いー!!

実演あり・なしで選べるんですが、ありでお願いすると、店員さんが目の前で掛け声を上げながらいくらを盛りまくってくれるそうです。一人だったので流石に実演なしでお願いしましたが、何人かで行った場合は楽しそう。

レーンに流れてきて気になったのでつい取ってしまったのが、海鮮宝石軍艦(190円)。

札幌 なごやか亭 海鮮宝石軍艦

まさにぃ~海鮮の宝石箱やぁ~!

お寿司なのにまるで海鮮丼のようです。これだけ色んな海鮮が盛られていて190円は安い。色んな味がいっぺんに楽しめて、満足感も強め。

ちょろっと飛び出ているゲソ足がエッチです。

お次は炙りシリーズ。まずは炙り大トロサーモン(280円)。

札幌 なごやか亭 炙り大トロサーモン

なごやか亭の大トロサーモンは評判がいいらしく、大トロサーモンのためだけに来店する人も多いそうです。

それを事前にリサーチしていたのですが、その情報通り、脂の乗り具合と味の強さは素晴らしかったです。

むしろ炙ったことで少し脂が流れ出てしまったかもしれません。生でも食べておくべきだった。。。

そしてこちらは炙りトロさば(190円)。

札幌 なごやか亭 炙りトロさば

さば寿司は炙りか〆と自分の中で決まっています。

レーンから取ってしまったので、炙りたてのとろけ具合を楽しむことはできなかったのですが、炙られたことで発生する香ばしさは充分に堪能できました。

最後は、重厚なかに味噌軍艦(240円)。

札幌 なごやか亭 カニ味噌

ほぐしたかにの身がかに味噌に和えられたものが、てんこ盛りにされています。

結構身が多めなので、味噌と身の両方の旨味が口の中で渋滞します。

とても満足感のある1皿です。

魚介が美味しい地方では、回転寿司のレベルが高いことは知られていますが、その中でもこのなごやか亭さんはかなり美味しい部類に入るのではと思いました。

次に北海道へ行った際も、回転寿司が食べたくなったらまた訪問したいと思います。

(PS)

なごやか亭さんに行く直前、札幌市中央卸売市場に行っていたんですが、そこで店員さんに声をかけられてつい買ってしまったのが、このいくらの醤油漬け。

札幌場外卸売市場 いくら醤油漬け 1

2,800円なので少し購入に迷いましたが、結果的に買って大正解だったので、ご紹介。

↓見て下さいよこの輝きを。

札幌場外卸売市場 いくら醤油漬け 2

他のいくら醤油漬けと比べて、甘めの味付けがされています。

そのおかげかいくら本来の味が強く感じられて、めちゃくちゃ美味しいです。

どんぶり2~3杯分のいくら丼が作れるくらいの量が入っているので、自宅で最高のいくら丼を作ってみたいなら、是非オススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください