てっぺん 渋谷 女道場

友人と渋谷で飲むことになったので、前々から気になっていたお店に行ってみました。

渋谷の宇田川町にある、「てっぺん 渋谷 女道場」さんです。

てっぺん 渋谷 女道場 外観

ここの真向かいには「てっぺん 渋谷 男道場」という鉄板焼きのお店がありますが、こちらの女道場は焼き鳥がメインのお店となっています。

男道場は店員さんが男性だらけ、女道場はホールの店員さんが女性だらけ(キッチンは男性)というコンセプトになっています。

さらに数十メートル離れたところには「なかめのてっぺん」という炉端焼きのお店もあり、この辺りはてっぺんグループが多く進出しています。どの店舗も人気があり、いつも盛況のようです。

乾杯した直後、店員さんから「ご来店は初めてですか?」と聞かれ、そうですと答えると、各オススメメニューの説明をしてくれました。

どれも美味しそうだったので、オススメされたものはほとんど全て注文してしまいました……

というわけでその第一陣。注文からほどなくして運ばれてきた、極トロレバー。

てっぺん 渋谷 女道場 極トロレバー

大山鶏のレバーを低温調理でじっくりと火を通した逸品。

本当に口当たりがトロットロで、臭みも全くなく最高です。

いくらでも食べれそうなくらい美味しいんですが、量が少ないのが残念……

この極トロレバーを一口食べて「美味しい~」と呟いたところ、店員さんの一人から「美味しい頂きましたー!」と言われ、全店員さんから一斉に「ありがとうございまーす!」と叫ばれてしまいました。

ちょっと恥ずかしかったですが、このノリが好きな人は楽しいかも。

極トロレバーと同時に運ばれてきた、つぶつぶポテトサラダ。

てっぺん 渋谷 女道場 プチプチポテトサラダ

イクラ・とびっこ・アンチョビの三位一体攻撃です。強い。この攻撃は強い。

イクラととびっこの小気味いい食感とアンチョビの香りは、ポテトとの相性がバツグンです。

こちらもちょっと量が少なめなのが残念ポイントですが、味は素晴らしいです。

こちらも上記2品のすぐ後くらいに来ました。米艶の出し巻き。

てっぺん 渋谷 女道場 米艶の出し巻き

なんと白い卵焼きです。見た目はちょっと豆腐みたいですが、味はしっかりと卵。

普通の鶏にはトウモロコシを食べさせているらしいのですが、この卵を生産している北海道の農場では、鶏に米を食べさせてみたところ、黄身まで真っ白な卵を産むようになったとのこと。

黄色い卵よりも少し優しい味がした気がしましたが、そこまで大差はないです。。。出汁は美味しいので、しっかりと楽しめる卵焼きです。

定番メニュー。大山鶏の唐揚げ。

てっぺん 渋谷 女道場 大山どりの唐揚げ

「うちの唐揚げは美味しいですよー!」と勧められたので注文しましたが、確かにとってもジューシーで柔らかくて美味い!

しっかりと二度揚げされ、カラっと揚がりつつ肉のしっとりさも楽しめます。

1個1個のサイズも少し大きめなので、満足感が強めです。

この唐揚げ3個でハイボールが1杯胃に消えてなくなりました。

焼き鳥屋さんなので、ちゃんと焼き鳥も注文しました。せせりとハツ。

てっぺん 渋谷 女道場 焼き鳥

1本約200円と決して安くはありませんが、その分質が高くしっかりと美味しいです。

せせりは大好物なので焼き鳥屋で見つけたら必ず注文するんですが、こちらのせせりは肉自体の味が強くてとても良いです。

ハツも思わず唸る美味さ。かなり高い温度で一気に焼き上げているんだろうなといった印象の香ばしさがあります。

このくらいの味で1本300円以上で出しているお店にも行ったことがあるので、コスパはいいのかもしれません。

ここのお店は焼き鳥と共に肉巻き串もメインに出しているとのことなので、万ねぎ肉巻き・ピーマンとチーズの肉巻き・レンコンの肉巻きを注文。

てっぺん 渋谷 女道場 万ネギ肉巻き
てっぺん 渋谷 女道場 ピーマンチーズ肉巻き
てっぺん 渋谷 女道場 レンコン肉巻き

それぞれの具材に豚バラ肉が巻き付けられて、焼き鳥と同じように焼き上げている、といった感じです。

味はいい意味で想像通りですね。特に万ネギの肉巻きは、ネギのシャッキリ感が豚バラのジューシーさと絶妙にマッチします。

どれもアツアツのうちにパパッと食べちゃうのが正解ですね。猫舌の人も頑張って下さい。

長芋の竜田揚げも気になってしまったので注文。

てっぺん 渋谷 女道場 長芋の竜田揚げ

そもそも長芋を揚げたものを食べた記憶がなかったので、どんなもんかと思っていたんですが、とってもホクホクしていて美味しいです。

普通のポテトよりも瑞々しいので、食べやすさもあります。

そしてたっぷりかかっているタルタルソースがまた絶妙ですね。これはいくらでも食べれちゃいます。

サッパリしたものが食べたくなってしまったので、こんな変なタイミングで豚しゃぶサラダを注文。

てっぺん 渋谷 女道場 豚しゃぶサラダ

ドレッシングがかなりドロドロとしています。自家製のごまドレッシングだそうです。

豚肉は恐らく肉巻きに使われていたのと同じ豚バラかと。ごまドレッシングと合いますね。

自分の中では 豚しゃぶ=ごまドレ なので、この組み合わせは安心感があります。

お酒はもうちょい飲みたいもののお腹が膨れてしまったので、アテとしてホヤの塩辛を最後に注文。

てっぺん 渋谷 女道場 ホヤの塩辛

少し臭みはありましたが、この時はちょうど焼酎を飲んでいたので、むしろその臭みが強いお酒といいバランスを保ってくれました。

先月に岩手観光に行って現地のホヤを食べていてその美味しい味をまだ覚えていたため、どうしてもそれと比べると見劣りしてしまいますが、決してそんなに悪いわけではないです。

新鮮で臭みのないホヤは日本酒と、ビン詰めされたちょっと臭みのあるホヤは焼酎と頂くと良い、ということを学びました。

池袋で飲むことが多いので、これまであまり渋谷の美味しいお店は知らなかったんですが、ここはなかなかいいお店でした。

特に、極トロレバー・唐揚げ・焼き鳥はとても質が高くて美味しかったです。次点でポテトサラダかな。やっぱり大山鶏は美味い!!ということです。

とにかく店員さんが賑やかなので、そういうノリは好き嫌いが分かれるかもしれませんが、楽しくなれること請け合いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください