板橋 馬の串ん

以前の記事にて紹介した十条の「馬ござる」さんでは、とっても安くて美味しい馬肉を頂いたんですが、埼京線の隣駅の板橋に姉妹店があるとのことで、そちらにも伺ってみました。

馬の串ん」というお店です。更に変な名前!

外観

いい意味で雑多な店内です。大衆居酒屋という感じで、居心地はいいです。

前菜。白菜の漬物。

白菜の漬物

90円というリーズナブルさ。そして普通に美味い。

すぐに出てくるので、他の料理を待ちながら1杯目のビールを飲むのには最適なおつまみです。

もう1品前菜。もやしのナムル。

もやしナムル

ごま油がかなりタップリなんですが、味は割とさっぱり目で美味しいです。

これはどんなお酒にも合いますね。

さらに前菜を。茄子の一本焼き。

茄子の一本焼き

細かく刻まれた茄子の表面から、やさしい香りの出汁が染み込んでいて、これも前菜としてはピッタリですね。

ネギの香りも出汁とよく合っていて、一緒に口に入れると幸せになれます。

以上の前菜は、どれも塩気が濃すぎず優しめの味です。

しょっぱさで味をごまかす店とは違い、こういう細かいところからこだわりを感じます。

メニューにとっても惹かれるものがあったので注文。馬スジの卵とじ。

馬スジの卵とじ

味付けは親子丼のような感じ。出汁が効いててビールに最高に合います。

馬スジは適度な噛み応えがあって、噛むとじわっと旨味が出てきます。美味い。

馬肉といえばこれ。馬ユッケ。

馬ユッケ

馬ござるの記事でも書きましたが、この卵の黄味はうずらではなく鶏卵です。写真では分かりにくいですが、卵の大きさと比べると分かる通り、このユッケはかなりボリュームがあるということです。

なのに380円なんですよ。意味が分からないですよ。どうやってこんなに安く仕入れてるんでしょうね。。。

さて、お待たせしました。馬刺しです。

馬刺し

モモ肉、肩ロース肉、肩バラ肉、胸椎後方肉の4種類あります。

どれも1人前あたり190円。それを4種類注文しても760円。めっちゃ安い。

馬刺しの本場である熊本では甘口醬油につけて食べますが、ここでは特性の甘口のタレで頂きます。甘口醬油よりも口当たりが優しいので、いくらでも食べれちゃいます。ニンニクやショウガとの相性もいいです。

ここで馬肉の串が届きました。まずは半焼き馬刺しの串。

半焼き馬刺しの串

脂身が少ない馬肉なので、食感はかなり固め。

柔らかい肉が好きな人には合わないかもしれませんが、肉々しい味わいを楽しめます。噛めば噛むほど味が出ます。

こちらは 半焼きハツの串

半焼きハツの串

他の動物のハツと同じような食感ですが、結構大きいので、口に入れた時の満足感も大きくなります。

そして罪な食べ物。馬レバ刺し。

馬のレバ刺し

ごま油とタレが最初から絡んでいるので、そのまま頂きます。

あぁ^~罪な味がするんじゃぁ^~

少し臭みはありますが、素晴らしく美味しいです。焼酎ガブ飲みできます。

こちらも罪なおつまみ。馬肉のタコわさび。

馬肉のタコわさび

茎わさびが割と入っているので結構辛いんですが、そのタコわさに馬肉が絡むことで、まろやかな味になります。

これも最高に焼酎に合うんですよねぇ。。。

最後になりましたが、このお店は焼酎の種類も豊富です。十条の馬ござるよりも、こちらの馬の串んの方が種類は多いです。

芋・麦・米以外にも、黒糖・胡麻・栗・昆布 などなど……

特に赤兎馬は4種類も置いていて、赤・紫・青・茜があります。赤兎馬ファンにはたまらないかと。

馬肉を安くたくさん食べたい時には本当にオススメなお店です。安いだけでなくちゃんと美味しいのが重要。

正直、都内ではもうここと馬ござる以外で馬肉を食べる気が起きません。素晴らしいお店だと思います!

ちなみに、料理とドリンクが早く出てくるのは馬ござるの方でした。馬の串んでは少し長めに待ちました。たまたま出勤されていた店員さんの人数が足りていなかっただけなのかもしれませんが、参考までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください